ベーシックな支払い方法について


自動車保険の支払方法は、会社によって指定されています。一般的に認められていることが多い、支払方法について紹介してみます。

 
まずは代理店型の場合に多く見られる方法で、銀行振替があります。毎月支払う方法を選んだ場合、自分の指定口座から、自動的に引き落としされる仕組みの支払方法です。引き落としにならなかった場合は振込用紙が届くこともあります。

 
現金払いをしている代理店もあります。保険外交員が直接集金に来てくれ、毎月納めるという方法です。最近は減ってきた方法ですが、高齢者の場合選ぶ人が多い傾向が見られます。

 
次に通販型の場合について述べていきます。最近人気があるタイプの自動車保険なので、参考にしてみてください。

 
銀行振込という方法があります。基本的に、満期日の1週間程度前までに支払う必要があります。振込手数料は自分で負担することがほとんどですので、その点に注意してください。

 
コンビニエンスストア入金という方法もあります。満期日の3日程度前までと余裕があるので、多くの人が利用している支払方法です。手数料は保険会社が負担しますし、24時間支払えるメリットがあります。

 
最後に、クレジットカードで決済する方法があります。支払期限はコンビニと同じ程度です。

コメントは停止中です。