支払いが遅れる事で生じるデメリットとは

自動車保険に加入した場合、定期的に保険料を支払わないといけないことが多くの人は理解しているはずです。自動車保険の支払いが遅れた場合、いろいろと問題が発生しますので注意して下さい。その中でも大きいのは、期日までに支払っていないと補償を受けられない恐れが生じる点です。

 
入金が間に合わずに満期日をすぎてしまった時に事故を起こしても、保険金が出なくなる恐れがあります。このような事態になってしまうと、特に対人や対物賠償の発生する事故になれば、自賠責だけの保険金になってしまいとんでもない賠償金を自己負担しないといけない可能性が出てきます。

 
場合によっては、満期日までにお金を準備できないというケースも出てくる可能性はあります。その場合には、契約している自動車保険の保険会社に早めに連絡を取ることです。そうすれば、保険会社のスタッフの方からどう対処すべきかのアドバイスがなされます。

 
できれば、入金できないと分かった時点で早めに連絡を取ることです。そしてお金の入ってくるめどがついている場合には、いつごろであれば入金できるのかの説明もしておくべきです。自動車保険の保険料を支払わずにそのまま放置していても、事故はいつ起こるかわからないので危険な対処法といえます。

Comments are closed.