車両料率クラスの決められ方

自動車保険で知っておきたい基礎知識として、車両料率クラスがあります。どの様な車種で加入をするのかで異なります。例えば、スピードをだしやすいスポーツカーとあまりスピードがでない軽自動車では設定が異なります。車種による危険度によってクラスが分かれると思って良いです。

 
内訳として、対人賠償保や対物賠償保険そして傷害と車両保険でどのランクにするか設定します。代表的な設定の決め方として、全国で統計をとり事故や盗難が多い車種はこの設定が上がります。逆に事故や盗難が少なくなればランクが下がり保険料が安くなります。

 

車06
つまり、リスクが高くなると保険料の値上がりの決定材料となるのです。車を買い替える時には、小さなクラスの車種の型式を選ぶと保険料が安くて済みます。自分の所有しているクラスの確認は、保険証券で出来ます。
クラスの決定は、損害保険料率算出機構が行うものです。各保険会社は、これをもとに保険料を決定あhします。
自動車保険の支払いは、基本的には一括払いです。毎月に分けて支払う分割払いも可能な会社もあります。支払い方法としては、銀行振り込みや窓口での現金払いがあります。その他に、コンビニエンスストアで支払う方法やクレジットなどです。

Comments are closed.