1年間無事故なのに保険料が値上がりする理由

保険の等級は、事故などを起こさなければ上がっていきます。それによって優遇措置がとられることは知られていますが、一方で、無事故であっても保険料がアップしてしまうことがあります。一見矛盾することで納得できなかったり、そもそもそのようなケースを知らない人も少なくありません。

 
しかし、これには明確な理由があります。確かに、加入している本人は事故を起こしておらず、それだけであれば問題はありません。ところが、保険は個々人のケースだけを見ているわけではありません。

 
はじめに加入するときを思い起こせば分かるように、自動車保険は車種によって料金が変わってきます。ファミリータイプのセダンに比べて、スポーツカーの方が金額が高くなります。これは、過去の統計を見たときに、スポーツタイプの方が事故が起きやすいということが分かっているからです。

 
つまり、保険は事故が起きやすいとリスクが高いと判断されて、料金も上がってしまいます。自分自身は事故をおこしていなくても、同じ車種に乗っている人が事故を起こしていれば、リスクが高いことになります。これは車両料率クラスという考えに基づいています。結果として、本人の行ないに関係なく料金が上がっていくことがあるのです。

Comments are closed.