車両料率クラスとは

自動車保険の保険料は、保険会社ごとに様々な基準によって定められています。大きく影響を与えているものとして、車両料率クラスというものがあります。全部で4つの項目で定められているもので、その内訳は対人賠償保険と対物賠償保険、搭乗者傷害・人身傷害と車両保険です。

 
4つの項目は、1~9段階まで数字が割り振られており、数字が小さいほど保険料が安くなる仕組みとなっています。数字が大きければ保険料が高くなります。スポーツカーなどのように事故のリスクが高い車種の場合は数字が大きくなり、コンパクトカーなどリスクが低い車種は数字が小さくなる傾向が見られます。

 
この数字を決めている機構があり、決定した料率はどこの保険会社も共通しています。この点では差異が生まれません。

 
また、この格付けは毎年見直しが行われているものなので、事故を起こしていない場合でも保険料が高くなる可能性があります。突然値上がりした場合、過去1年間で事故・盗難率が高まったことが予測できるわけです。

 
料率クラスが1つ違うと、約1.2~1.3倍の開きが生じる計算になります。料率クラス1と9の間では、約4倍も差が生じるわけです。車を購入する際には、保険料が異なる場合があることを意識しておくといいです。

Comments are closed.