支払いにどれくらい差が出る?

自動車保険は安心を得るために不可欠なものですが、保険料の一括払いが基本になるため金銭面での負担が非常に大きいです。しかし、保険会社によっては一括払いだけでなく、分割にできる会社もあります。分割にしたい方は、保険会社に確認して見て下さい。支払いは新規加入、継続更新に問わず保険始期日よりも前に済ませる必要があります。始期日までに保険会社側で保険料の入金確認ができなければ、契約は成立せず、万が一事故を起こした場合に補償を受けられない可能性があります。

 
また、料率クラスが1つ違えば、約1.2~1.3倍の開きがあります。料率クラス1と料率クラス9では約4倍の開きとなるので、単純に計算すれば補償内容が全く同じで1万円の保険料で済む車と4万円の保険料が必要になる車があるのです。気になる方は、車を購入する際にディーラーや保険会社に料率クラスを確認して見て下さい。このように、契約者の等級や年齢などのほかに、車の種類や車両価格だけでなく、車の危険度を表す車両料率クラスが保険料に大きく影響していきます。少しでも保険料を安くしたいという方は、買い替える場合に同じ車種でも料率クラスが小さい型式を選ぶとお得になる可能性があるので、ディーラーに行った際には料率クラスを確認すると良いです。

Comments are closed.